キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Category [Scruffy The Legend ] 記事一覧

スポンサーサイト

July 4th

ブログによく登場するチャーリー君(キースホンド)とルビーちゃん(ビーグルミックス)の飼い主のダリルさんは、シェルターで保護したキースホンドのスクラッフィー君のパパでもある。偶然にYOUTUBEで見たアルヴィー君というレスキューされたキースホンドのヴィデオを見て、キースホンドレスキューの活動を支えているKSRFを知った。約1年くらい前のことである。そして、そのKSRFを通して、ダリルさんが書いたScruffy the legendと...

Keeshond Scruffy the legend

どこにも必ずお宝の写真はあるものです。スクラッフィー君の新しい写真がアップロードされました More Pictures of Scruffy どこの家でもこういう風景はありそうですね~そして、今はビーグルのミックスのルビーちゃんとチャーリー君がダリルさん宅にはいます。スクラッフィーって誰??? Who is Scruffy? 簡単和訳分 Scruffy the Legendシェルターに居たキースホンドのスクラッフィー君のエピソードを描いた簡単な和訳です。本...

In memory of Scruffy

Darryl, thank you very much for your permission to use Scruffy's Pictures Scruffy The Legendの本に掲載されていない写真:写真の使用及び動画投稿は著者のMr. Darryl Schwartzさんの許可を頂いてYouTubeにアップロードしました。Scruffy君の全ての写真を本に掲載出来なかったので、Scruffy君のことをたくさんの人に知ってもらえるのは嬉しいし、色々な思い出がある写真を多くの人に見てもらえるのは夢のようだ、と快く同意し...

エピローグ #39

庭ではリスやウサギ達が楽しい時を過ごしている。しかし私はこの庭で過ごすことはもう少なくなってしまった。また、犬を飼うか?今は答えられない。まだ、スクラッフィーを亡くして日が浅い。季節は移り代わり、いずれ冬が来て、春が来る。そして、春には花々も咲き誇ることであろう。でも、本当に時間は経過して行くんだろうか・・今回ばかりは自信がない。ただ、スクラッフィーは私の心の中に生涯行き続けていくこと、そしてスク...

スクラッフィーへの想い あれから #38

時間が経つごとに物事がちゃんと考えられるようになってきたと思う。メイジャー同様、スクラッフィーもシェルターにて保護をされ、そして新しい家庭と出会った。スクラッフィーには生きていこうとする強い力があったと思う。レントゲンでは難しいと言われたけれど、ちゃんと歩行だって出来ていたじゃないか・・そしてそのクラッフィーも寿命を見事にまっとうしてくれたと信じている。でも、真実は? 私だけがスクラッフィーの本当...

スクラッフィーとの別れ#37

病院からの帰り道、私はただ呆然としていた。スクラッフィーは逝ってしまった。なぜ、スクラッフィーはいないんだ・・無限に広がるこの宇宙という空間の中で、必死に自然の法則とやらの答えを探し続けていた。その答えが見つかれば、スクラッフィーを再びこの世界に呼び戻すことが出来るのではないかと・・安楽死という最終的な決断は私にとっては非常に辛いものだった。仮にスクラッフィーの体調が優れなかったのであれば、今まで...

スクラッフィーとの別れ #36

スクラッフィーは処置室の冷たい金属製のゲージに横たわっていた。そして、スクラッフィーの体の下にはタオルが敷かれていた。息はしていたがものの、意識はなく、その呼吸は辛そうだった。スクラッフィーの舌はだらりと冷たく光る金属製の台に垂れていた・・舌に湿り気もなかったように思えた。舌の色はくすんだ赤色から茶褐色に見えた。動くこともなく、ただ、力なく冷たいゲージの上に垂れていた。スクラッフィーの目は閉じたま...

独立記念日 #35

病院に到着すると、看護師が急いでスクラッフィーの元に駆けつけ、処置室へと連れて行った。一瞬の出来事だった。その様子から緊急を要しているのはわかった。もちろん経験をそれなりに積んでいるであろうし、早急な処置が必要だと判断したからに違いない。その切迫した状況がスクラッフィーの迫り来る死を意味するものであって欲しくない、そう願っていた。でも、おそらく難しい状況かもしれない・・心の中では本当はわかっていた...

独立記念日 #34

7月4日、独立記念日特別に予定を立てていたわけでもなく、独立記念日を祝う夜空の花火でも楽しみながら、家でのんびりと過ごすつもりだった。昼頃だっただろうか、妻の友人のジェーンが遊びに来た。軽くランチを取り、後片付けを済ませると、妻達は楽しげに会話をしながら、ブレスレット作りをはじめた。昼食の残りをスクラッフィーにあげようと、ジェーンが座っていた椅子の下に置くとスクラッフィーはご飯をたいらげ、その後椅...

我が家の子供達 #33

2007年夏、我が家には3匹の猫とスクラッフィーが居た。この中で、1匹だけが健康上問題がない、と言えた。それはキティーだった。13歳で、昔から比べれば体重も増え、時折、軽度の喘息発作を起こしたが、それでも普段は元気一杯だった。ナーラといえば、一時は著しい回復を見せたが、それ以来は変化がなかった。運動不足のせいか、体重がかなり増えた。健康とはいえる体重ではないが、それでもナーラは幸せそだった。サープ...

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • Scruffy The Legend
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2009年07月04日 (土)
July 4th
2009年05月12日 (火)
Keeshond Scruffy the legend
2009年02月25日 (水)
In memory of Scruffy
2009年02月24日 (火)
エピローグ #39
2009年02月20日 (金)
独立記念日 #35
2009年02月19日 (木)
独立記念日 #34
2009年02月17日 (火)
我が家の子供達 #33
次 >>
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

キースフレンズJP関連

新しい家族を募集中 集まれ!キースホンド 可愛いパピー達が生まれました! キースホンドパピー素敵な家族 見つかりました!

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。