キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHY AM I HERE ? Pt.5/6

恐怖と絶望の底にいた年老いた犬・・

優しく手を差し伸べてくれる初めて出会うレスキューエンジェル

そして・・・

jensen_book.jpg

うつ伏せに寝ていた年老いた犬は顔を上げ、廊下を歩いてくる背の高い男を注意深く見ていた。
少しずつ部屋に近づいて来る・・・背の高い男が部屋の前で止まった。
隣の黒いラブラドールが低い声で唸っている。

背の高い男は年老いた犬の部屋の施錠を持ち上げた。

彼はその背の高い男から出来るだけ遠くに逃げようと冷たいコンクリートにお尻を押し当てた。
その背の高い男が首のロープを緩めると、彼は体を小さく丸めて目を逸らした。
首元の緩んだロープが少し引っ張られると、彼の心臓は激しく鼓動をうった。

「もうダメだ」

ちょうどその時、廊下のドアが開いた。親切な女性が顔を出しその背の高い男に犬達が泣き止まないことに小言を言った。
その背の高い男も何か親切な女性に言い返していたが、その背の高い男は年老いた犬の方を向き、

「いい子だな。あと数日はここに居るんだよ」と頭を撫でながら首のロープを取り外した。

ホットした年老いた犬は役に立たない青いタオルの上に戻り体を横たえた。

1日が過ぎ、2日目が過ぎ、そして3日目・・

背の高い男が数匹の犬達を建物の一番奥の部屋に連れて行くのを目にした。
すると白とグリーンのスニーカーを履いた親切な女性がまた犬達を新たに連れて来た。

そして、何匹かの犬達が幸せそうに微笑んでいる人間達とここを出て行くのも目にした。

「僕はなんでここに居るの?何か悪いことをしたの?」彼はまた自問自答した。

収容所の廊下の鍵が開き白とグリーンのスニーカーの親切な女性が彼の部屋に近づいて来た。
彼は不思議そうに彼女を見つめた。まだ明け方で、前日のご飯は手付かずのままだった。

「良かったわね!保護してくれる人が来てるわよ」そう言うと彼女は部屋から出した。

彼は色々な種類や大きさの犬達が泣き叫ぶ中、彼女の後をついて行った。
他の犬達も部屋のフェンス越し手をかけて、「次は自分を選んで」と懸命にお願いをしていた。

親切な女性は何度も張替えられた安楽イスが置いてあり、色あせたラグの敷いてある部屋に彼を通した。

そこには髪の毛の色が黒くて優しい瞳をした女性が椅子に座っていた。
その可愛らしい女性は彼に微笑みかけると優しく手を差し伸べた。

彼は戸惑いながらもゆっくりと近づいた。

彼は彼女の目の前に座り、「この人は誰なんだろう」と不思議そうに首をかしげた。

彼女は毛の絡みついた体に触れて優しく撫で始めると、その優しい瞳から涙が流れ始めた。
彼女は頭を撫で彼の鼻にキスをした。

彼も目一杯微笑んだ。

「あなたが僕のエンジェル?そうなの?」悲しげな瞳で彼女に尋ねた。

彼女は彼をしっかりと強く抱きしめた。それが彼女の答えだった。
彼は彼女の頬をペロペロと舐めた。今までの絶望は希望へと変わりはじめた。

彼女は早々にシェルターから彼を連れ出して、車へと向かった。
彼は二度と振り返ることはなかった。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/1294-75dee837

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • WHY AM I HERE ? Pt.5/6
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年10月17日 (金)
  • 08時50分41秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。