キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き物を考える・・・



【フロリダ州のマリンパーク「シーワールド・オーランド」で24日、シャチの“シャム”が調教師を溺死させる事故が起きた。生物学者によれば、これはシャチの通常の行動によるものではないという。シャムとは、同施設が飼育する複数のシャチに付けられたステージネームである。

米国海洋大気庁(NOAA)の海洋生物学者で野生のシャチを研究するウェイン・ペリーマン氏は、「(野生の)シャチが人を襲ったという報告は聞いたことがない」と話す。同氏によれば、南極の氷の下から飛び出したシャチがカメラマンにぶつかった事例はあるが、この時シャチは「水の中にするりと戻って泳ぎ去った」という。

シーワールド・オーランドの40歳のベテラン調教師、ドーン・ブラチョワさんが死亡したのは現地時間2月24日午後のことである。報道によれば、舞台の上では“シャム”と呼ばれる体重5440キロのオスのシャチ“ティリクム”が、ブラチョワさんの上腕をくわえて水中に引きずり込んだという。

“シャムとお食事”というショーの観客としてこの事故を目撃した人々は、ティリクムがブラチョワさんを振り回しながら、シーワールドのシャム・スタジアムのプールをすごいスピードで泳ぎ回ったと証言する。

シャチが大型の獲物を振り回して解体することは知られているが、今回の調教師に対する行動はこれとは異なるとペリーマン氏は考えている。「彼女を食べるつもりはなかったと思う。単に手荒く扱っただけだ」。

同氏の指摘によれば、人間に飼育されているほかの動物も調教師に噛みついたり襲いかかったりすることがある。シャチだけではないのだ。「本当はシャチの側の問題ではなく、飼育している大型の哺乳動物との接し方の問題だ。ゾウでもクマでも、どんな動物でも同じようにこの種の事故は起こりうる」。

人間と同じように、シャチの中にも生まれつき気性の荒い者がいることも考えられる。「シャチのように社会生活を営むことに慣れている動物は、その性格もまちまちで、皆同じというわけではない。それに、人間と同じくシャチにも機嫌のいい日と悪い日がある」とペリーマン氏は説明する。

ティリクムは過去に2件の死亡事故に関与している。1991年、カナダのブリティッシュ・コロンビア州にあるシーランド・オブ・ザ・パシフィックで、ティリクムを含む3頭のシャチが調教師を溺死させ、直後にこの施設は閉鎖された。

1999年にはシーワールド・オーランドで、ティリクムの背中に横たわる男性の死体が発見された。捜査当局は、閉園後に忍び込んだ男性が低体温症を起こして溺死した可能性が高いと結論付けた。

Ker Than for National Geographic News】

亡くなった女性及びご家族の方には辛いことだとは思う・・でも、本来海で過ごすシャチをエンターテイメントの一部として育てるのはどうなんだろう・・とも思える。色々な研究や調査が行われているから海や陸に生きる動物のことがわかるといってしまえば終わりだが・・好きな言葉ではないが、俗に言う【ペット】として飼うことが可能な生き物以外は、やはり本来生息すべき海や草原などで暮らした方のが幸せなのかもしれない。
シャチだけを責めて終わる問題ではないような気がする・・
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

ふだん目に出来ない珍しい生体を直に観察出来る、という点で
動物園や水族園、それにペット系テーマパークなどが人気のスポットになっているのは解ります。
私もそういった場所が大好きでよく足を運んだものです。

ですが・・最近は、
営利上で見せる楽しくて華やかな一面に隠された裏事情が生み出す惨劇を目にする機会が多すぎて・・
私自身は、そういった場所では、もう素直に楽しめないかも知れないと思っていマス。

勿論、総ての施設が好ましくないというわけではありません。

絶滅危惧種の保護に力を注いだり、怪我をした動物達を保護して治療し自然に帰したり・・
そういう活動に心血を注ぐためには、それなりの設備と優れた専門家の知識と技術があってこそのものですし、
そのような活動は必要と感じます。
その運営費を確保するために、集客率の良いイベントやショーなどが必要なのかも・・?

何事もキレイ事だけでは済まされない一面はありますが・・

こういった場面で人が被害にあったり犠牲になる、その原因をつくり出したのもまた人である・・
その点だけは常に明らかであるところは決して無視できません。

自然の摂理に反する無理な共存は、望まない悲劇を呼んでしまうものなのですね。

NoTitle 

私も昔はこのようなショーを楽しんだりしていました。よく調教されているな~と感心したりもしていました。でも、おっしゃる通り、色々な問題や裏側を知ってしまうと仮に足を運んだとしても、別の角度から考えてしまう気がしています。

多くのコメントがこのシャチの安否を気遣うものでしたが、実際どうなるのかはわかりません。
保護活動や生体の研究をされている専門家はおそらくその生き物を熟知しているのでしょうから、生体を脅かすような活動はしないはず。問題は単なる集客と利益だけを狙ったテーマパークでしょうね~。本当に難しい問題ですが、言葉の話せない動物が犠牲になるのはとても悲しいことですね。
  • posted by keesmom 
  • URL 
  • 2010.03/03 12:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/2607-f0b64c6c

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • 生き物を考える・・・
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年03月03日 (水)
  • 10時02分00秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。