キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬が犬に襲われたら・・

Scary times magazine 2

*全てのブルドックやマスティフが攻撃するわけではありません*

米国ニュージャージー州に住むキースホンドのチャーリー君、ビーグルミックスのルビーちゃん、ブルドックに襲われる

ダリルさんが住む家の周りをフレックスリードでお散歩をしていたそうだ。すると5軒先の道路の真ん中にドデカイブルマスティフの姿が目に入った、このワンちゃんは通常年配の男性がいつもお散歩をしており、ボクサーとマスティフの血も入っていると話していたそうだ。

一応、安全の為に反対側の道路へ渡ろうとしたところ、今度はブルドックが爆走してきたそうだ・・この犬も通常はリードが外れていることがないそうだ。挨拶をさせる暇もなく、いきなり唸り攻撃してきた・・(怖っ)ルビーちゃんもチャーリー君も逃げ始めた。

一生懸命に噛み付こうとしていたブルドックのブルちゃん(仮名)、チャーリー君もルビーちゃんも軽やかに右左にステップを踏みながら見事にブルちゃんのカミカミ攻撃から身をかわしたそうである。おっちょこちょいなのか、的を得ていないのかまったく歯があたることはなかったそうである。飼い主が慌てて出てきて、なんとかブルちゃんを抑え大事には至らなかったのが幸いである・・

無事に歩き始めるとそこには先ほどのブルマスティフがまだいた・・

喧嘩を売る気なのか、ブルマスティフのいる方向へ歩き始めた(まじ?)幸いにも飼い主が慌てて庭いじりの手を止め、ブルマスティフを庭の中へ引き入れたそうだ。

もしかしてただ遊びたかっただけのフレンドリーなブルちゃんとマスティフだったかもしれない・・でも、どんなにいい子でもイザとなれば予測は付かない・・むろん、ダリルさんのアドレナリンレベルは急上昇したそうである。

護身用ナイフはいつも携帯しているようだが、誰も犬を傷つけたりはしたくない気持ちは同じである・・
でも、もし仮に自分の犬が手に負えないほど大きな犬の攻撃を受けたら?

考えたくもないが、以前にも黒い毛の犬を見ると物凄い力で飼い主を振り切り、2回も襲われた犬がいる。これは私が住んでいる地域でのことである。普段はとても大人しい犬だそうだ。

お散歩での注意:過去投稿分

ブルちゃん攻撃をくらったチャーリー君とルビーちゃんがトラウマに陥ったか華麗に交わしたステップを誇らしげに思っているのかは不明ではあるが、ダリルさんは万が一のことを考えてペッパースプレーを購入するようである。

日本ではあまり必要ではないのかもしれないが、国が違えば携帯する品も違うようである。
ま・・アメリカ治安悪いしね・・

ちなみにお散歩時は軽い遠足状態の私・・
携帯・カメラ・小銭・うんぴ処理セット(水含む)・もしもの時の首輪・何よりも大切なお菓子


犬種や大きさは関係ないですし、強面の犬でも性格の穏やかな犬もいるということを忘れてはいけません。

People! A dog has to be on a leash, please. A nametag on his/her collar to avoid stray.
The below is from Darryl’s blog. I have a retractable leash but I am not good at using this type of leash.

Scary times magazine 2


I am walking Ruby and Charlie each on their retractable leash on the street where I live. About 5 houses down, I see a large (at least 120 lb) Bull Mastiff off leash in the middle of the sidewalk. (I have seen this dog before being walked by an older man on a leash. He told me that it is a large boxer, but might have some Mastiff mixed in.)

Seeing the dog alone on the sidewalk, just to be safe, I decided to cross to the other side. Before I could do so, a Bulldog comes running across the street toward us. (I have also seen this dog before, but never off leash.) The Bulldog runs right up to Ruby and Charlie and has no time for introductions, but simply snarls and attacks. Both Ruby and Charle turn tail and start to run. The Bulldog is a clumsy oaf and can not bite either of my dogs as they keep side stepping. I am getting mad, but my knife remains in my pocket. My weight is shifting a little toward my left as I prepare for a possible right foot low snap kick.

The owner now runs across the street yelling at the dog and profusely apologizing to me. I am not real concerned about the attack becasue the Bulldog is totally inept, but I give the owner my dirtiest look and mumble some curse words at her. She finally gets her dog under control and they return to the other side of the street.

Now I start to walk again. The Mastiff is blocking us. I mutter some curse words. The knife is now in my hand. I start very purposefully toward this dog my eyes glaring at his. Either he will back down or there will be some very serious trouble. Before I have taken three steps, the owner ( a youger man than the one I had met previously) runs out and hustles the dog into his backyard. I continue my walk.

As I pass the Mastiff’s house the owner is now in the front yard doing some yard work. Our eyes do not meet as I pass.
At home I examine methods for concealing my real knife that I will now be carrying for all dog walks. I finally determine that a belt with the sheath inside my pants leg is the best way.

All of the above is totally true. I don’t know what would have happened if the Mastiff owner had not appeared. I do not want to kill any dog, however, I will do absolutely anything necessary to protect Ruby and Charlie. I think that the Mastiff would have turned out to be frienldy and only wanted to play.

But how am I supposed to be sure of that? I am sure that if the Bulldog attack had not just occurred, I would have simply turned around or crossed the street, and certainly not have challenged a Mastiff with a pocket knife. Needless to say my adrenalin level was a tad high at the time.

I am looking into getting some pepper spray.


スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

お散歩時のノーリードが引き起こす問題は様々・・

我が家もかつては、馴染みの公園内ではノーリードでお友達と遊ばせるのが日常でした。
でも、程度の解釈については人それぞれなワケで・・、
時がたち、集まる人と犬も変わっていくと、いつしかそれが大きな問題へと発展し
今ではその馴染みの公園も、かつての様なのどかさはなくなったと聞きます。

住む場所が変わって、親しいワン友との擦れ合いもない毎日で、
今はコレといった刺激もアリマセンが、それこそが平穏であるとも言えます。

自由に遊びまわるワンズを見るのは楽しいものですが
しかし、やはりノーリード良し!・・とは思いません。
今行っているお山の公園にも、ノーリードの一派がいますが
「ウチのは大丈夫よ」の一点張りなトコに閉口して・・

犬はナルほど利口そうでも、飼主の言動については????

いろんな人達が憩いを求めて集まる公共の場では、
愛犬の為にも、トラブルを回避するためのルールが必要なのです。

NoTitle 

基本的にフェンスで囲われていない場所ではロングリードのみです。それでも犬同士の相性もあるので、勝手な思い込みで大丈夫よ~と楽天的にはなれません。

以前、ノーリードで道路を歩いていた人・葛西臨海公園の浜辺でノーリードで遊ばせていた人に注意をしたら、とてもムッとした顔をされました・・何事も考え方の違いはあるものの、どれだけ迷子で収容されている子達が多いかと思うと・・

マナーをお互いに持ち、遊ばせることがトラブル回避、我が子のためなのに・・全体的なモラルの低下でしょうね・・
その親に育てられた子の将来が恐ろしい・・
  • posted by Keesmom 
  • URL 
  • 2010.05/17 19:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/2821-59f1c038

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • 犬が犬に襲われたら・・
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年05月17日 (月)
  • 16時33分46秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

キースフレンズJP関連

新しい家族を募集中 集まれ!キースホンド 可愛いパピー達が生まれました! キースホンドパピー素敵な家族 見つかりました!

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。