キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キースホンドタイプのキースホンドVSウルフスピッツタイプのキースホンド

P1070017.jpg
【ウインドリフト系の血入っていますが・・何か?】

イーストコーストタイプのCandryを例えるならぽっちゃりタイプ、ウエストコーストタイプのWindriftはエレガントで細めだとか・・色もイーストコーストタイプはクリーム色が強く、ウエストコーストはシルバー系で、Candryの方が小柄なことが多いのだそうですが、このようなことを考慮してブリーディングしているみたいです。

【エレガントなライン・・確かジェイド君はこちらの系統の血を引いているはずですが・・エレガントなラインの子がトイレで寝るんですかね・・】

キースホンドもウルフスピッツ系のキースホンドも頭の毛がモサモサしているのはNG・・

ちなみにジェイド君のあだ名はひさし君
毛がモサモサしていて、父から「頭にひさしが乗ってるみたいだな、ジェイドは」と言われております・・

現在はキースホンドの耳もどちらかというとコンパクトに小さく作るブリーダさんが多いようです。
色々なケンネル名があるようですが、Star-keesなども有名みたいです。

ウルフスピッツ系のキースホンドはキースホンドよりも大柄な子が多いようで、胸郭の形にも違いがあるようです。
キースホンドはどちらかと言うとやや丸みを帯びた卵型のようです。また現在もウルフスピッツ系のキースホンドのラインは残っているそうです。

これには色々な意見があり、米国とヨーロッパのブリーダーさんでも意見が様々のようですが、

黒い毛が多く、目の周りのスペクタクルの境界線が顕著ではない場合、昔(いつの時代かはわかりません)からのキースホンドのタイプであることが多いとも言われているそうです。

ドイツのブリーダーさんのサイトでウルフスピッツ系キースホンドとキースホンドの比較があったそうですが、現在はウイルス感染したらしくサイトを下ろしているようで確認が出来ないのが個人的に残念ですが・・

スウェディッシュ(スウエーデン)キースホンドもあるようで、こちらに関してはあまり投稿がされておらずわかりませんでした。興味深い内容ですが、歴史を語ったらいつまでも終わらず・・また時間のある時に読んでみたいと思います。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

え?耳がコンパクトなのがトレンド(?)なの?
ボクのお耳はおっきぃよ♪ by.チップ

・・ワタシはちっさめかしら? by.ポコ

キースホンドは狸系か狼系かと思ってました(笑) by.【M】
  • posted by 【M】 
  • URL 
  • 2010.06/19 16:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

主流はコンパクト系みたいですよ。KRSFのカレンさんからもキィーちゃんは耳が長いと言われたことがありますが・・
私的にはキィーちゃんが目安でしたので、リオがパピーの頃は体も全て小さく激心配しました・・
ジェイドの時は慣れましたが・

確かにチップ君は立ち耳でポコちゃんは小さいですよね♪それぞれ可愛いけど♪

国により多少スタンダードは違いますけど・・
ま、どの子でも可愛いと思います!スタンダードは人間が勝手に作ったものですからね~。

我が家は
キィーちゃん:ウルフ系
リオ・ジェイド:狸及びアライグマです・・
  • posted by Keesmom 
  • URL 
  • 2010.06/19 17:51分 
  • [Edit]

はじめまして^^ 

はじめまして
キースホンドを調査しているものです(笑)

キースホンドのタイプを調べていたところ
こちらのブログに辿り着きました

なるほど、キースには
ウエストコーストとイーストコーストの2タイプがあるんですね( ..)φメモメモ

ちなみに冒頭に書かれている
「ウインドリフト系」というのは犬舎のことですよね?
Candryも犬舎のタイプのことですか?

それと、ウルフスピッツ系でないキースは
何か「キースホンド」以外の呼び名はないのですか?

長文すみませんm(_ _)m
  • posted by ちっぷ姉 
  • URL 
  • 2012.10/17 21:45分 
  • [Edit]

こんにちわ 

コメントが遅くなりごめんなさい。

これは米国での話になります。
Windriftとかはその血統を示し、ブリーダーさん達もその名前を犬舎名として使う人が多いように思えます。今のキースのトレンドは多少変わっているかもしれませんが、やはり知名度のある血統は引き継がれているようです。
ウルフスピッツは毛色がウルフに似ていることからそう呼ばれたそうですが、俗にウルフスピッツ系と米国で言われるタイプはマズルや体高がしっかりしているみたいです。
基本的にキースホンドはキースホンドですが、歴史をさかのぼると色々な意見があります。

ブログ内にもキースホンドの歴史などを記載しているかと思いますが、あまりにも多すぎてリンク探しで大変なのでご了承ください。サイトに記載されたキースの特徴や性格などはマニュアル的だと思いますので、短所、長所も含めその家族と合うかどうかが大事だと思います♪ ただ、家族大好きで、ともに群れで居たい子達が多いと思います。
  • posted by Keesmom 
  • URL 
  • 2012.10/20 15:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/2899-5a886820

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • キースホンドタイプのキースホンドVSウルフスピッツタイプのキースホンド
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年06月19日 (土)
  • 13時30分54秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。