キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膀胱移行上皮癌

Spet.21

メールの配信があった。ディーさんからだった。土曜日は痛みもなく、食欲もあり、たくさん歩いて、たくさんお話をしていたチャディー君・・翌日から体調を一気に崩し残念ながら虹の橋へ旅立つ準備をし始めたようだ。まだキースホンドリストにもキースホンドエクスプレスへも配信されていない状態である。サウスキャロライナパピーミルレスキューでは相当の時間と忍耐を費やして来た。ようやく落ち着いてきた頃にチャディー君の膀胱上皮癌が発覚した。

まだ8歳だった。過酷なパピーミルからレスキューされた仲間の行き先を見守っていたのだろうか・・


土曜日穏やかに過ごせた時間は【神様からの贈り物】と表現されていたが、きっとそうなのだろうと思う。たくさんの天使に囲まれて苦しむことがなく、穏やかに永遠の眠りについて欲しいと願う


Sept. 5

サウスキャロライナパピーミル キースホンドレスキューで忍耐強く頑張って来たディーさんの愛犬、チャディー君が膀胱移行上皮癌と診断されたようです。まだ8歳・・現在はバイトリルという尿路感染症の抗菌剤と痛み止めを飲んでいるようです。外科的療法の考えはないようで次のオプションとして、ピロキシカムを考えているそうです。ただ、チャディー君は非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)に敏感なようで、使用を慎重に考えているみたいです・・

犬や猫は痛みを我慢する傾向が強いようですが、チャディー君は少しの痛みもちゃんと伝えるようで、
ある意味飼い主にはわかりやすいかもしれませんね。

Piroxicam.jpg

ピロキシカム


予後は色々な結果があり、チャディー君の状態の詳細まではわからないので何とも言えませんが・・
最善の治療法で救ってあげて欲しいですね。

少し食欲も出て来たようで、小さな馬のような食欲でおしっこもちゃんと出ているそうなので、体力を付けて排泄をちゃんとして乗り切ってくれることを願っています。この膀胱移行上皮癌を誘発する原因はやはり不明なようではありますが、シクロホスファミド(cyclophosphamide : CPA)(アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)、免疫抑制剤)の使用の際にアクロレインと呼ばれる発がん性物質が尿から排泄される過程で癌化する可能性もある、また蚊・ノミやダニを殺す殺虫剤などの使用の際、何かしらが原因で体内に吸引されそれが尿道から出る際に上皮に残り癌化するともいう内容を目にしましたが、定かではありません。

http://www.torii-ac.com/topics/topics_200607.html

ピロキシカム 非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)

http://ameblo.jp/leo-ah/archive1-200703.html


人間のお医者さんが話していましたが、今は患者さん・あるいはその家族も病気について自分で調べ、治療方針や副作用などを知ることも必要と話していました。これは我々飼い主もそうだと思います。もちろん、何か大きな病気と診断された時は「頭が真っ白状態」でそんな余裕はないでしょうが・・ただ、色々な薬や治療法・組み合わせの予後などを少しでも知っておけば選択肢は広がるかもしれません。

Withrow and MacEwen's Small Animal Clinical OncologyWithrow and MacEwen's Small Animal Clinical Oncology
(2007/02/01)
Stephen J. Withrow DVM DACVS DACVIM(Oncology)David M. Vail DVM MS DACVIM(Oncology)

商品詳細を見る


日本語翻訳された物もあるようですが、とても高い!レビューを見るとわかりやすい英語で書かれているようですので、読んでみるのも勉強になるかもしれませんね。

P1070442.jpg
頑張れ!チャディー君



Sept. 21
Some of you may have received email from Dee.. It was very sad news to hear about Chaddie.
I was gonna send her email but I just don’t know what to write..


Sept.5
I was reading some posts on the keeshond express today and saw the post posted by Dee(Suncoast Keeshond Rescue)
Her keeshond named Chaddie was diagnosed with transitional cell carcinoma of the bladder, he is only 8.. I hope she will find the best treatment for him.

Suncoast Keeshond Rescue
PO Box 82
Elfers FL 34680
Phone: 727-534-9002 begin_of_the_skype_highlighting 727-534-9002 end_of_the_skype_highlighting
Email: deewingfield@gmail.com

There are too many information about TCC and various treatment but I am sure that medication used in here and in the US can be different. Some doctors are against radiation treatment and some are not.
Some vet use piroxicam and antibiotics.

http://www.petplace.com/dogs/urinary-bladder-cancer-in-dogs/page1.aspx

Using piroxicam may cause gastritis in some dogs but there are things you want to be careful.

Precautions and Side Effects

http://www.petplace.com/drug-library/piroxicam-feldene/page1.aspx


http://www.vet.purdue.edu/pcop/CanineUrinaryBladderCancer.pdf#search='piroxicam Transitional cell carcinoma of the bladder'


http://search.yahoo.co.jp/search?p=piroxicam+Transitional+cell+carcinoma+of+the+bladder&tid=top_ga1&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1&b=1

51CP49ZBX3L__SS500_.jpg

Focusing on cancer in small animals, this updated 3rd Edition comprehensively covers the latest material in clinical oncology, including chemotherapy, surgical oncology, and cytologic techniques in cancer. Its user-friendly style makes it an excellent reference for both veterinary practitioners and those involved in academic research. Timely new information that is relevant in day-to-day practice is emphasized. Numerous new contributing authors ensure the text is up to date and that it contains today's most important information on cancer in the small animal. --

Focusing on cancer in dogs and cats, this extensively updated 4th edition provides comprehensive coverage of the latest advances in clinical oncology, including chemotherapy, surgical oncology, and diagnostic techniques. Ideal for students, practitioners, and those involved in academic research, this book's full-color images and user-friendly format provide quick and easy access to today's most important information on cancer in the small animal patient.


P1070442.jpg
Sending all prayers and positive thoughts.

Good Luck !
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/3051-07a41ea8

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • 膀胱移行上皮癌
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年09月27日 (月)
  • 19時16分17秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。