キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の恩人 チーフ君

3441230490.jpg

キースホンドリストから配信されてきた【命の恩人 7か月のチーフ君】のお話

ローズマリーさんは重度の肺高血圧症を患っており、常に酸素の供給がないと呼吸が出来ない女性なのですが・・
「金曜日のことでした。少し家事のことでも出来そうな状態でしたので、少し動いてみたのですが、やはり疲れてしまい、主人の傍に座り少し休むわと伝えたんです。眠りに就く時は見守りが必要なんです。」

ご主人も健康上問題を抱えている方のようです。ローズマリーさんが眠りに居たのを確認すると、別室に向かったそうですが、その部屋でめまいを感じ寝てしまったそうです。

どれくらい眠っていたのでしょうか・・ポータブルのボンベの酸素量は極めて少なくなり始めた状態だったようですが、そんなことを知らずにローズマリーさんは目を覚ましませんでした。

異変を感じたチーフ君

「ふと気が付くとチーフは吠えたり、私の体を引っ掻いたり、手足を引っ張ったりしていました。そこで、私も酸素量がゼロになっていることに気が付いたんです。酸素が供給されていない状態になるとどうやら呼吸音がおかしくなるようなんです、それをチーフは覚えていたんですね・・チーフに何を教えたわけではありませんが、チーフは命の恩人です。」

チーフ君がくれた奇跡はこれだけではなかったようです。

「私は糖尿病も患っていて、左足の第4趾に酷い痛みを感じていた状態で足の専門医にかかり抗生剤を服用していたんです。チーフは私が感じていた痛みに気が付いたのでしょう。毎回座ろうとするたびに、チーフはとても敏感になって私を見守っている様子でした。私が座ると小さな前脚2つで私の足やつま先を温めてくれていました。徐々にその痛みが軽減していったのです。病院での診察でも、問題ありませんでした。本当にびっくり」

チーフ君が生まれた場所はペンシルベニア州バークス郡にあるキースホンドヘブンというブリーダーさんから。
1984年からキースホンドのブリーディングをしているコリーンさんに話を伺うと・・

「チーフの話を聞いた時には感動して泣いてしまったわ。私は28年もこのキースホンドのブリーディングをしているから、この犬種の性格はよく理解しているつもりよ。キースホンドを飼ったことがある人なら理解できると思うけど、この小さな体の中には本当は人間が入っているんじゃないかと思うくらい人の言葉や気持ちが理解出来る犬種なのよ。

今週のことですが、犬との別離に悲しんでいた時一緒に暮らしているキースに“お話”をしたの。彼女(キースホンド)は懸命に小さな手で私を励まし続けてくれたの。ふと顔を見るとうっすらと涙を浮かべていたわ。私を慰めてくれていたのだと思うわ、キースホンドは今、大好きな家族がどのような状況に置かれているのかを理解出来るの。だからセラピー犬として患者を癒してあげる仕事にも声がかかるのよ」

ローズマリーさんの手には今でもチーフが懸命に起こそうと引っ掻いた傷が残っているそうだ。

「チーフは甘やかされて育った子だけど・・今では今まで以上のアテンションとトリーツで甘やかされているわ」

もし、チーフ君が傍にいなかったら?

「きっとこの世にはいなかったでしょうね・・」

肺高血圧症とは・・・
http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec04/ch054/ch054a.html

3441230490.jpg

Amazing story!

Rosemary Hentosh shudders to think what would have happened if her dog wasn't by her side last week.
"I would have died," the Drums woman said.

She credits Chief, a 7-month-old Imperial Keeshond, with saving her life after she fell asleep and her oxygen tank emptied.
Hentosh, 62, has severe pulmonary hypertension and needs a continuous supply of oxygen. Without it, she said, she cannot breathe.

"On Friday night, I felt like I could do a little work around the house. I did, but I got really tired," she said.

Trailed by her small, portable oxygen tank, Hentosh sat on a love seat with her husband, Stephen. She mentioned that she needed to take a short nap.
"I have to more or less be watched when I sleep," she said.

As she dozed off, Stephen, who is also in ill health, planned to temporarily visit another room but became dizzy and fell asleep.

As Hentosh dozed, the oxygen in the tank reached dangerously low levels - and then depleted altogether.

That's when Chief sprung into action.

"The next thing I know, he was scratching at me, barking at me, kissing me and pulling my arms and legs," she said.
Now alert, she realized her tank was empty.

"When I don't have oxygen, I make funny noises. I guess Chief realized something was wrong," she said.
What's amazing, she said, is that Chief was never trained to assist her.
"When I don't have oxygen, I make funny noises. I guess Chief realized something was wrong," she said.
What's amazing, she said, is that Chief was never trained to assist her.
"He saved my life," she said.

It's not the first time, however, that Chief has come to the rescue.

"I am also diabetic and I had a terrible sore on my fourth toe of the left foot. A podiatrist was treating it with antibiotics and trying to cut it out. It was really a mess," she said.
Chief detected something was wrong, she said.

"Every time I sat down, he would take it very seriously. He would hold my foot with his two paws, and go to work on that toe," she said. In time, she said, the sore was gone.

A follow-up visit confirmed that the sore had disappeared, she said, crediting Chief.

Collene Esterly-Hamm owns Keeshond Heaven in Lenhartsville, Berks County, where Chief was born. Since she's been breeding Keeshonds for 28 years, she is more than familiar with the breed's personality.
She cried what she called "happy tears" after hearing how Chief had summoned Hentosh from her sleep.

"This breed of dog is like a person stuck inside a dog's body," she said. "If you talk to people who have a Keeshond, they'll tell you that their dog knows what you are saying or feeling."
Just this week, Esterly-Hamm "talked" to one of her Keeshonds about the recent loss of another dog.
"She kept putting her paw on me. And when I looked into her eyes, they were tearing up. She was trying to comfort me," she said of the dog. "They do understand what you are going through."

Keeshonds have been called on to comfort patients and as therapy dogs, she said.
Hentosh, who still has scratches on her arm from Chief's waking her, said she's feeling much better.

"Chief was spoiled to begin with," she laughed. "But now he's getting even more attention and treats."
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/3169-1bb30c07

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • 命の恩人 チーフ君
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年12月20日 (月)
  • 08時53分28秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。