キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tikva the keeshond 9.11

ティクヴァちゃんは楽天的性格の持ち主(犬)。でも、その瞳を見ているとほとんどの人が味わうことのないような苦しみ、痛みそして希望・・様々な思いを経験して来たのではないかと感じずにはいられません。
ティクヴァちゃんのオーナーでもあるシンディーさんはこう語る

【このような惨事では犬達の存在は我々の心の痛みを和らげてくれるんです】Video概要

ティクヴァちゃんはシンディーさんと共に2001年9月11日ワールドトレードセンターでの大惨事の数日後、現場へ向かった。ティクヴァちゃんが1歳の時である。今ではほとんど現場からは離れたリタイヤー生活を送っているティクヴァちゃんだが、それでも人間と仕事をすることを生きがいに感じているようだ。

10年経過した今ではだいぶ街並みも変わって来たと耳にするようだが、シンディーさんにはあの時の光景は今でも脳裏に焼き付いているようだ。あの時グラウンドゼロでレスキューなどに当たる人々の傷ついた気持ちを癒す為に活躍したセラピー犬で、現在も生きているのはティクヴァちゃんだけだ。セラピー犬でも、ティクヴァちゃんはこのような大惨事の際に人間達に癒しや希望を与えることが出来るようにトレーニングされてきたCrisis response dogなのである。

!とここでそもそもの動物を介してのCrisis Responseの始まりはなんだろうか・・と調べてみた。1998年5月オレゴン州スプリングフィールドにある高校で銃乱射事件という惨劇が起きた。4名の尊い命が失われ、25名が重軽傷を負った事件。犠牲者やその家族の心の手助けをするNOVAという団体が、事件が起きた高校にデルタ協会ペットパートナーチームに登録をしていたサンディーさんとその愛犬、ガースとシンディーさんとその愛犬、キースホンドのベアーを派遣したそうだ。従来の心理カウンセラーには貝のように心を閉ざしていた生徒・・犬達を通してそのトラウマを克服し、徐々に心を開いていった生徒達を目の当たりにして動物達の力に驚いたそうである。後に知られるHOPE Animal-Assisted Crisis Responseとの出会いとなったようである・・

Bear keeshond (ベアーちゃん)


さて、話を戻そう・・現場で働いていた消防士の言葉をシンディーさんは今でも覚えている。
【この子達の存在があるから、なんとか1日を頑張れるよ】

9.11の悲劇からAnimal-Assisted Crisis Responseが生まれた。以来、ティクヴァちゃんはメンバーの一員として活躍をしてきた。

ハリケーンカトリーナ、そして2008年のNorthern Illinois大学の銃乱射事件の時もティクヴァちゃんは傷ついた人々の心を癒す為に現場へシンディーさんと共に向かった。

【犬がそこにいると、なんというか住み慣れた安心出来る場所を感じさせるのよね。中には自分が飼っていた犬の話をし始める人もいるわ】

2011年9月11日であの惨劇から10年が経つ。そしてティクヴァちゃんとシンディーさんは9月11日ニュージャージー州ジャージーシティーにあるLiberty State Parkで行われる9.11で人間同様に活躍した犬達称えるべく”9/11 Working Dog Recognition Ceremony”(Crisis Response dogとして活躍した追悼集会を含む)に招待されているそうだ。 その旅費などはキースホンドクラブオブアメリカが全て負担をするそうである。とても良いことだ!

9.11 忘れないで、共に活躍をしたセラピー犬達
(上記のニュースとかぶっている記事は略します)
alg_crisis-response-dog.jpg
写真:Crisis dogのティクヴァちゃんはグラウンドゼロでレスキューワーカーと共に2週間を過ごした

犠牲者の家族はフェリーに乗り、確認のためグラウンドゼロへ向かう。
フェリーでグランドゼロまでの所有時間は約20分だったそうだ。その間、犠牲者の家族とともにフェリーに乗り込んだセラピー犬ティクヴァちゃん達は傷ついた心をなんとか癒そうとしていたそうだ。

グラウンドゼロの現場ではティクヴァちゃん達の存在はやりきれない気持ちと不安で押しつぶされそうになっていたレスキュー隊員達の心の癒しとなっていた。休息時には犬達の体を撫でたりしているレスキュー隊員達が多かったそうだ。

一言も語ることなく黙々と作業を続けていた隊員達も1日の終わりになると、
【また明日も彼女(ティクヴァ)を連れて来れる?】とシンディーさんに尋ねてきたそうだ。

ティクヴァちゃんは現在、11歳、シンディーさんと共に今でもオレゴン州で暮らしている。ティクヴァちゃんはHOPE Animal-Assisted Crisis Responseという団体に身を置いている。

ティクヴァちゃんが配属されたのは94埠頭。そこでは終わりの見えない作業が続いており、警察官・消防士初めレスキュー隊員達と318匹のセラピー犬・犬のハンドラーの姿があった。

ツインタワーの崩壊の後、セラピー犬の要請の手配をしたのはASPCAのシニアーディレクターのステファンさん。デルタ協会など様々な州からセラピー犬達が集まった。ステファンさんの愛犬のソフィーちゃんもステファンさんと共に数週間現地で過ごし、カウンセリングを求める人などの対処にあたった。残念ながらソフィーちゃんは今年、天国に旅立っている。。

【ソフィー同様、あの時現場で活躍してくれたヒーロー・ヒロインとも呼べる犬達は今では姿はありませんが、あの子達が遂げた業績はいつまでも私達の心に残ると思います】ステファンさんはこう語る。

【9.11の現場で人間同様に休む間もなく活躍したセラピー犬達の存在は、セラピー犬という大きな価値観、そしてこのような惨事で人々の心を癒す力があるんだという新しい可能性を広げてくれたのだと思います。ここ10年で犬達はペットという存在からワーキングドッグであるセラピー犬になったんです。そして多くの災害救助団体は”このような災害時でも人々が平常心を保てる手助けが出来るのだ”ということを理解し始めたのです。

今日ではセラピー犬は証言台に立つ証人の不安や緊張を和らげるために法廷に招かれたりもしますし、セラピー犬でなくても犬や馬が少年院などでもセラピープログラムで起用されるようになってきています。事実、9.11で活躍したセラピー犬達の存在の効果が認められた経緯から、今回のハリケーンアイリーンで市が”避難施設にペットの持ち込み許可”という動きも見せ始めたそうです。次のステップはDVから逃れようとする女性達が保護される施設で飼っていたペットも入居出来るという決定がされることですね】

明日、ティクヴァちゃんとシンディーさんが出席するWorking Dog Recognitionセレモニーではレスキュー・保安・復興などの役割でグラウンドゼロ・ペンタゴン・ペンシルベニア州のシャンクスヴィレ・フレッシュ・キルズ・ランドフィルで活躍した950匹のワーキングドッグチームの名誉を称える式典なのであります。

Working Dog Recognitionセレモニーは12:45pmから始まるそうだ。

Tikva.jpg

これからは余生を穏やかにゆっくりと暮らして欲しいですね




9/11 Working Dog Recognition Ceremony Liberty State Park, Jersey City, NJ 12:45 PM,
Sunday, Sept. 11, 2011

Animal Assisted Crisis ResponseHistory

In May 1998, in Springfield, Oregon a tragic shooting by a Thurston High School student left 25 people injured and 4 dead. Survivors and witnesses struggled to cope with their horror and shock. In response to this horrible event, the National Organization for Victim Assistance (NOVA) deployed to the school along with two registered Delta Society Pet Partner teams, Sandi Arrington and her dog Garth, and Cindy Ehlers, and her dog Bear. These animal-assisted therapy teams went to work comforting the students. Mental health counselors watched in amazement as the teams helped students who were withdrawn and who were not responding to traditional methods of the human counselors. This tragic event eventually lead Cindy Ehlers to begin what later became know as HOPE Animal-Assisted Crisis Response.

Bear keeshond
(Bear and Cindy)

Comfort amid the rubble: Therapy dogs that helped 9/11 workers to be recognized at ceremony
alg_crisis-response-dog.jpg
Crisis dog Tikva spent two weeks at Ground Zero comforting anxious rescue workers.

Tikva was only a year-old pup in 2001 when she helped comfort many bereft people after the attack on the World Trade Center.
While riding with victims' family members on the 20-minute ferry ride to Ground Zero for their final farewells, the gentle Keeshond would bury her face in a tense hand, or tap her nose against a tear-stained face to ease the pain.

At Ground Zero, Tikva's presence helped to ease the anxieties of the overwhelmed rescue workers. Many of them would pet her while on break from searching the rubble.

SHARE YOUR 9/11 MEMORIES ON OUR TRIBUTE SITE

"Some of them never said a word all day, but would turn around at the end of the day and ask, 'Can you bring her again tomorrow?'" recalled Tikva's handler, Cindy Ehlers, who runs the K9 CRT disaster response team at Pawsitive Pet, in Eugene, Ore.

Tikva, now 11, is the only surviving dog among the four-member therapy dog team specially trained in crisis response that came to New York from an Oregon-based organization called Hope.
She was among the 318 therapy dogs and their handlers that worked seemingly endless days at Pier 94, and consoled brigades of police officers, firefighters and workers at Ground Zero.

"It's a beautiful little dance that goes on between a therapy dog and a person under stress," said Dr. Stephanie LaFarge, ASPCA's senior director of counseling, who coordinated the work of the therapy dog teams after the collapse of the twin towers.

Many of the teams came to New York from around the country, from pet therapy organizations that included the Delta Society, based outside Seattle; Therapy Dogs International of Flanders, N.J., and the Good Dog Foundation in Brooklyn.

LaFarge's own dog Sophie, who died this year, spent weeks at the football-size FAC, where those affected by the disaster could seek services and counseling.

Like Sophie, many of the other heroic dogs are with us today in spirit only, but their legacy lives on.
Their tireless work after 9/11 helped raise the bar on their therapeutic roles, opening a whole new realm of opportunities to comfort people affected by disaster.
"In 10 years, therapy dogs have gone from pets, to having the status of working dogs," LaFarge said, noting that many disaster relief organizations came to realize that dogs can help normalize a situation in times of crisis.

Today, therapy dogs are being used in courtrooms to ease jitters on the witness stand. And dogs and horses are increasingly being used in therapeutic programs for at-risk youth in detention centers.
In fact, the success of the 9/11 therapy dogs in disaster relief set the wheels in motion for the city's recent decision to allow pets in shelters during Hurricane Irene.
LaFarge hopes the next step is for the city to allow victims of domestic violence to enter the shelters with their pets.


Tomorrow, Tikva and Ehlers will take part in the Working Dog Recognition Ceremony at Liberty State Park in New Jersey for the 950 canine working dog teams that served in response to the 9/11 attacks. These teams were involved with search and rescue, recovery and security efforts at Ground Zero, the Pentagon, Shanksville, Pa., and the Fresh Kills Landfill recovery site.

The Recognition Ceremony begins at 12:45 p.m.
To inquire about becoming a therapy team, contact the Delta Society at www.deltasociety.org, the Good Dog Foundation at www.thegooddogfoundation.org and Therapy Dogs International at www.tdi-dog.org.

Tikva.jpg




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/3318-2246ef30

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • Tikva the keeshond 9.11
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2011年09月11日 (日)
  • 21時09分11秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

キースフレンズJP関連

新しい家族を募集中 集まれ!キースホンド 可愛いパピー達が生まれました! キースホンドパピー素敵な家族 見つかりました!

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。