キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と人との関係を考えてみる・・

購読しているドクターベッカーのメルマガの中で興味深い記事がありました。
「なぜ犬の人生は短いのか」という本を現在書いているTed Kerasote氏との対談の一部で、
この人は自然と人間との相互関係を題材にした本を多く書かれているみたいです。本の出版予定は2012年の秋頃の予定で、ワクチン・環境汚染・遺伝学・ガンなどの内容が主なようです。

そのなかで、今回触れていたのが人間と犬の関係。飼い主である人間はいわゆる群れのリーダーであるべきというのが強い米国の考え方が主流に対し、この人はどちらかというと犬の自由と意志を尊重し、犬は人間より下というよりもどちらかと言うと「同格の友達・パートナー」という関係が理想という感じでしょうか・・はいえ、国や住環境が違う訳ですから、どこまで自由に・・と思いますが、あまり制限を設けると、それがストレスホルモンを生み、血中にストレスホルモンが多くなると健康を害する要因になるというもののようです。

それは犬だけでなく、人間においてもこのストレスホルモンの増大はテロメアを短くしてしまい、結果慢性疾患の原因となると言われているそうです。

【テロメア:染色体の末端から延びている一連の核酸をテロメアといいます。テロメアは染色体を保護する役目を果たしていますが、細胞が分裂を繰り返すたびに短くなります。そして、DNAのテロメアの末端が短くなりすぎると、細胞の分裂は鈍化し、最終的には分裂できなくなります。これが細胞内の老化の時計のメカニズムではないかと考えられています。】

P1080554.jpg
【わかのわからない単語ばかりで、ママはココでギヴ・・化学とは無関係の人ですから・・】

ヨーロッパに住む犬達はアメリカに住む犬達よりも1年くらい長生きをすると聞いたテッドさん、色々な国を訪れ「一体何が違うのか」調べたそうですが、ドライフードも同じようなものを使用しているし、何も大きく変わらない・・

ただ、ヨーロッパ(狂犬病が根絶しているとされている)の犬達はワクチン接種の回数は米国と比べると少ないようでした。特に住んでいる国を出る旅行をしない限り、狂犬病予防ワクチンの接種義務はないようです。特に、アルミニウムアジュバントを添加した狂犬病ワクチンはとりわけ厄介な犬用ワクチンの一つらしいのですが、義務化されていないことでワクチンからくるかもしれない副作用から守られているのかもしれませんね。

アジュバント(Adjuvant) とは、薬物の作用を修飾(増強)するために加えられる試薬のことで、アジュバントは、抗原性補強剤とも呼ばれ、抗原と一緒に注射され、その抗原性を増強するために用いる試薬である。


ただ、犬達が病気になる原因は様々なことが複雑に絡み合ってのことであり、ワクチンの過剰摂取・食べ物の質・環境汚染問題・遺伝学というものだけが要因という訳ではないと言うのが彼の意見のように感じます。

もちろん、医学的に何か根拠があるとか、アルミニウムアジュバントがよくない、ワクチンが云々ということではないと思いますし、生活スタイル合わせた予防方法はそれぞれの家庭で違うと思いますので、あまり神経質にならないで下さいね。

それよりも我々人間が考慮してみるべきが、先ほど書いた「人間と犬との関係」ではないか・・ということでした。

また、数年前に米国でのワクチンなどのガイドラインに掲載されていたものですが、若年での(青年期以前)での去勢・避妊もやはりホルモンに大きな影響を与えるらしく、慎重に考慮するべき課題のようです。

防げる病気もあるので、こればかりは時期が大切なのでしょうね・・個人的には多いに反省するべき点です・・

続く・・



P1080554.jpg
Ok, so no more pack leader?
Mom found this article interesting.

Dogs as Underlings in Relationships

When we left off last week, we were discussing the lack of freedom most dogs have today to explore and go on doggy adventures as Ted's Merle was able to do. The problem this lack of freedom -- or inequality as Ted sees it – creates is an increase in stress hormones. An overabundance of stress hormones in the bloodstream presents a health risk.

And science has also uncovered another physiological result of stress in animals (including humans) -- it causes a shortening of telomeres (the caps at the end of chromosomes), which is a precursor for chronic disease and lack of longevity.
Our discussion picks up today with Ted pointing out that when we talk about what makes the dogs of today sick, it's a combination of factors. And it's not just over-vaccination, or biologically inappropriate food, or environmental pollutants, or poor genetics. There's another debilitating factor at work, and it's that dogs are always the underlings in their relationships with humans.

Ted's theory, which he began testing with Merle and now continues with Pukka, is that for optimal health and well-being, dogs need to be treated more like peers or equal partners by their families. In other words, they need to be able to make more of the decisions on where they go and what they do each day.
And Ted reminds us again that he lives in 'dog heaven' – a small village in Wyoming – where it's reasonably safe to let dogs roam outdoors on their own. Merle's dog door, now Pukka's, gives Ted's dogs the ability to make their own decisions about when and where they go and what activities they pursue.

European dogs do receive fewer vaccinations. Rabies has been essentially eradicated in Western Europe, so dogs that don't travel aren't required to get rabies vaccines. This probably provides them some protection from vaccine-related illness, especially since the rabies vaccine with its aluminum-containing adjuvant, is one of the more troublesome vaccines administered to dogs.

Ted's New Book, Available October 2012

I shared with Ted that his groundbreaking research is much needed and eagerly anticipated. The book he's working on now, Why Dogs Die Young, will be out in October 2012, and I can't wait to read it.
I asked Ted if he's still doing research or if he's done with that and is into the writing now.

Ted says he's been writing for awhile now and the book is, by his estimate, about two-thirds complete. He's in the midst of the cancer chapter, and has completed chapters on vaccination, environmental pollutants, and genetics.

According to Ted, one of the interesting things about writing a book in the ever-changing age we live in is that information is coming out so quickly he's had to go back several times already to revise chapter content. He'll get an email from some scientist saying, 'That stuff I told you last year? Well, I just completed a new study and I need to change some of what I told you.'





スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/3328-787c1351

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • 犬と人との関係を考えてみる・・
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2011年09月21日 (水)
  • 20時03分13秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。