キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬は単純じゃないわけね・・

P1080552.jpg

では、自分達が出来る範囲で犬をパートナーとして尊重し、出来るだけストレスを感じさせない生活を共に送るにはどうしたらいいのでしょうか?

家では妹の部屋以外は自由行動です。ハイ、こんな次元の自由性と犬の意思の尊重をテッドさんは言っているわけではありません・・でも、制限をしていないのにも関わらず、いつも金魚のフンのようについて回り、時にはトイレにまで一緒に入りたがる犬に対してはどうすべきでしょうか・・・

もし、犬語がわかれば少しはチビ達の気持ちに近づけるのかもしれません・・でも、そんな能力も洞察力もありません・・Dog actuallyで見つけた記事ですが、

【多くの犬語翻訳にありがちなのだけど、ひとつひとつの動作について、まわりの状況や全体の犬の動作にかかわりなく、一つか二つの訳語で片付けられてしまっていることがある。しかし、犬のボディランゲージとそれにまつわる感情は、実際それほど単純に訳されるものではない。これがヴィベケの主張するメッセージのひとつでもある。たとえば、あくびをしたら、ストレスだとか、カーミングシグナルなどと単純に犬語が訳されてしまっている。ある人は、犬がソファーにやってきてなでるたびに、あくびをするので、これはきっとカーミングシグナルだと考え、なでるのをやめてしまった、という。それをなんと残念なことか、ヴィベケは語る。

「あくびというのは、必ずしも相手をなだめるためだけのボディランゲージでもないし、必ずしもストレスの表れでもない。時には『あ~あ、僕心地いいよ~!』という意味を含まれているのですね。これは、全体の状況に応じて、あるいは他のボディランゲージを統合して読むことです】

http://dogactually.nifty.com/blog/2011/09/post-126.html

なんだか面白そうな本です。もしかしたらヒントがあるかも・・と期待しながら読んでみたいと思います。

Todo-och-Book.jpg

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/3329-daae5110

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • 犬は単純じゃないわけね・・
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2011年09月26日 (月)
  • 20時09分14秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

キースフレンズJP関連

新しい家族を募集中 集まれ!キースホンド 可愛いパピー達が生まれました! キースホンドパピー素敵な家族 見つかりました!

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。