キースホンドの部屋

オランダ原産のモコモコ・フワフワの犬 「keeshond」のリオとジェイドの日記だよ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロエちゃん レスキューエピソード 続編

KSRFオークションも日本時間のお昼で終了しました。現在は約1900ドルの収益のようです。
クロエちゃん初め、ケンタッキー州でレスキューされたキース達の医療費の補助に使われることになります。そのクロエちゃんのエピソードパート2と3がアップされていました。

定評のある先生がクロエちゃんのPHPTのオペと術後の経過を入念に観察してくれることを良心的な価格でしてくれることを快く引き受けてくれたそうです。ベイエリアキースホンドレスキューのボランティアが術前のチェックアップを兼ねて内科専門医の先生と病院を訪れました。クロエちゃんは元気そうで、体調も良好のようでした。

しかし、2日後の夜のことでした。クロエちゃんは夕食後に嘔吐、翌朝には元気も食欲もなくなっていたのだそうです。一時預かりのママが内科専門医の先生と病院を受診したベイエリアキースホンドレスキューのボランティアに連絡を入れました。

クロエちゃんは見るからに具合が悪そうでしたが、血液検査の結果は普通の数値を示していたのだそうです。尿路感染症にかかっているだろうと思われる血尿が確認されたクロエちゃん・・また、PHPTの関係で尿路結石もありました。PHPTは感染症も引き起こすので、これらの症状が発症することに対しては想定範囲内のようでした。内科専門医の先生は抗生物質の投与を開始し、1日クロエちゃんの様子を観察することに・・その夜にはクロエちゃんは食欲も回復し、体調も安定していると判断、尿検査の結果は数日後に連絡すると約束をし、クロエちゃんを家に連れて帰る許可を出したのです。

翌朝のことでした。クロエちゃんのパパが帰宅をすると、血尿がおびただしく広がる床の上にぐったりと横になっているクロエちゃんの姿を目にしたのです。ベイエリアのボランティアが到着した時には、貧血を起こして、脈も薄くなっていたのです。ボランティアはクロエちゃんを車に乗せると、一番近いERに急いで向かったのです。

クロエちゃんの状態を見た救急救命の先生はすぐに酸素を用意、すぐに血液検査が行われましたが、血小板がほとんど確認出来ない状態、レントゲンでは腹部に出血が確認

「クロエちゃんは間違ってねずみ取り用の餌を口にしませんでしたか?」と先生・・
「そういえば、アパートの管理会社が住民から最近よくねずみが出るという苦情を聞くと言っていましたけど・・もちかしたらねずみ駆除で誰かが餌を置いたのかもしれません・・」

獣医師はクロエちゃんにねずみ取り用の餌の毒性から体を守るためにビタミンKを注射、酸素室にクロエちゃんを入れると輸血の準備を開始し始めました。ボランティアの女性は帰宅の準備をし病院を後にしたのですが、すぐに病院から連絡が入ったそうです。

「呼吸が停止し、現在CPRを行っている状態です。状況は厳しくが助かる可能性は・・5%でしょう・・」
ボランティアはクロエちゃんを助けられる可能性はもうない・・と泣き崩れました。

しかし、30分後のことでした。

なんとクロエちゃんが持ち直したのです。クロエちゃんの心臓は停止したかのように思えましたが、脈拍も取れないほど弱くなっていただけで、心臓はちゃんと機能していたのだそうです。クロエちゃんはぐったりとはしていたものの、周りをキョロキョロ見ながらちゃんと自分で呼吸をし始めていました。

念の為、ICUで週末を過ごし、自宅へ戻ることが出来たそうです。
翌朝には歩行も出来、尻尾を振るまで回復

chloe_bbq.jpg

【写真はネズミ捕り用餌で生死をさまよった事件から1週間弱のクロエちゃんのBBQでの写真
ホームメイドアイスクリームを堪能しています(フローズンヨーグルト・バナナ・ピーナッツバターアイスで~す)】

クロエちゃんはきっと天使に見守られたのでしょう。クロエちゃんのPHPTの手術は延期を余儀なくされました。体内から毒が除去され、血小板の状態が改善されないとオペは無理です。

そしてあれから・・

11月4日の金曜日 クロエちゃんはPHPTのオペを受けてきました。クロエちゃん、頑張って持ちこたえてくれたようです。生検の結果、想像していた通りに上皮小体の一つに良性腫瘍が認められ、それがPHPTの原因だったようです。パート1でも記載した通り、オペ後からリカバリーの時が一番厳しい時期なのです。いきなりカルシウムレベルが下がると心肺停止の危険もあるのですから。

内科専門医の先生の元、カルシウムレベルなどの状態をこまめに観察されながらクロエちゃんは現時点でも病院に入院中です。週末に通常の数値よりも少しカルシウムレベルが低下したそうですが、薬の投与を微量調節されながら、経過が見守られているようです。

現在の目標はカルシウムレベルを通常の値の範囲に戻すこと・・この範囲に戻れば安定するようです。
また、上皮小体も機能が回復するのだとか。

ベイエリアキースホンドレスキューは11月10日頃にはクロエちゃんを家に連れて帰る予定でいるようですが、現在のところ配信では退院の話は流れて来ていません。

で、そのクロエちゃんのICUでの様子ですが・・ICU内では自由に動けているみたいで、ウロウロして看護士さん達の仕事を見守り・・面倒をみてくれているお礼にキスをしたり・・

クロエちゃんの頭の中では、自分の頭や体を優しく撫でてくれることや、美味しいクッキーをくれることが看護士さんの仕事だと理解しているのだとか・・

とにかく持ち直して、オペに望めたのですから、今後も頑張って欲しいですね!


続く・・・


I previously posted about rescue story about Chloe. Please scroll to see her first story.


Chloe's Story - PART 2:

An excellent surgeon generously agreed to perform Chloe's PHPT surgery at a substantial discount, and he made arrangements with a specialty practice to care for her after the surgery. A BARK volunteer took her for a pre-surgery visit with the internist who would be caring for her during her recovery. Chloe was bright and perky and looked great!

Two evenings later, Chloe vomited once after dinner, and the next morning, she was lethargic and refused to eat her breakfast. Her foster family immediately notified BARK, who took her back to the internist who had just examined her 3 days earlier. She clearly didn't feel good, but her blood work was normal. She did have blood in her urine, which is typically associated with a urinary tract infection.

She had small bladder stones due to the PHPT, and they can cause infections, so a urinary tract infection made perfect sense. The internist started her on antibiotics and observed her for the day. By evening, Chloe was eating and seemed stable, so the internist sent her home and said she'd call in a couple of days with the urinalysis results.

The next afternoon, Chloe's foster dad came home and found her lying in a pool of bloody urine. By the time BARK's volunteer got there, she was white and her breathing was labored. The volunteer put Chloe in the car and drove as fast as possible to the nearest emergency clinic. The vet immediately put her on oxygen and did blood work. Her blood wasn't clotting at all, and x- rays revealed blood in her abdomen. Chloe was bleeding internally!

She was breathing so hard because she didn't have enough blood volume left to carry oxygen around her body! The vet asked if Chloe could have gotten into rat bait. The foster people said their homeowners' association had been getting a lot of complaints recently about rats... Obviously, someone had set out rat bait!!!

The vet gave Chloe an injection of Vitamin K to counteract the rat bait, put her in an oxygen cage, and started getting a transfusion ready. BARK's volunteer left to go home. She'd only gone about 4 blocks when the vet called and said Chloe had stopped breathing! The vet staff was doing CPR, but the chances of getting a dog breathing again is only 5%. BARK's heartbroken volunteer drove the rest of the way home in tears, certain that they had lost Chloe!

Nearly an hour later, the vet called and said they had managed to get her back! Fortunately, her heart never completely stopped -- it was very, very slow and throwing weird, non-functional beats, but it was beating, so the vet kept trying. When she called 50 minutes later, she sounded exhausted, but Chloe was breathing on her own again, looking around... and by the next morning, she was walking and wagging her tail! She spent the weekend in intensive care at the emergency clinic, and then went home to recuperate.

Chloe is truly a miracle girl!!!
chloe_bbq.jpg

The photo above is of Chloe at the BARK-B-Q, less than a week after her great rat bait adventure. She's enjoying a homemade Pupsicle (frozen yogurt, banana and peanut butter.)

PART 3:

Thanks to Chloe's guardian angel and the magnificent care she received from the vet and staff at the emergency clinic, our miracle girl survived her great rat bait adventure! But she wasn't out of the woods yet! She still needed surgery for PHPT. Much to their worry, BARK was forced to postpone her surgery for a month, until her rat bait treatment was complete and her blood was clotting normally again.

Chloe finally had her PHPT surgery Friday, November 4th. Happily, she came through the surgery very well! As expected, a biopsy confirmed that her PHPT was caused by a benign tumor on one of her parathyroid glands. However, as explained in the first installment of her story, the recovery after PHPT surgery is the most dangerous time. Until her remaining parathyroid glands turn back on, her calcium can suddenly drop so low that her heart will stop!

Chloe finally had her PHPT surgery Friday, November 4th. Happily, she came through the surgery very well! As expected, a biopsy confirmed that her PHPT was caused by a benign tumor on one of her parathyroid glands. However, as explained in the first installment of her story, the recovery after PHPT surgery is the most dangerous time. Until her remaining parathyroid glands turn back on, her calcium can suddenly drop so low that her heart will stop!

Chloe is still in the hospital, where she's recovering under the careful supervision of an experienced internist. Her calcium level is being closely monitored! Since the weekend, it's dropped below normal, and the internist has been adjusting her medications.

The goal is to get her calcium into the low normal range, where she'll be safe, and her remaining parathyroid glands should turn back on. At that level, she'll be able to return to her foster home, but she'll still need to have her calcium checked regularly until it's under good control. BARK is hoping to bring her home on Thursday, 11/10.

In the meantime, Chloe is entertaining the ICU staff with her Keesie antics, wandering around the ICU, giving the nurses kisses and spinning and making sure everyone is doing their job correctly! Of course, she thinks their job is petting her and giving her cookies!!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://keeleojay.blog64.fc2.com/tb.php/3361-8e955807

左サイドMenu

Keeshond Rescue Support

詳細はMarket of Keeshondへ♪ チャリティー開催中
- Information -

Market of Keeshondから新商品が出てるよ! 詳しくはMarket of Keeshond にて!

-- E N D --
.

Keeshond Community

Keeshond Rescue&Adoption♪ PM kees Keeshond Community Logo KSRF 2013 calendar

Keeshond Scruffy the legend

Recent posts

  • スポンサーサイト
  • クロエちゃん レスキューエピソード 続編
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2011年11月14日 (月)
  • 20時00分48秒
by AlphaWolfy

僕達の足跡

右サイドメニュー

キースフレンズJP関連

新しい家族を募集中 集まれ!キースホンド 可愛いパピー達が生まれました! キースホンドパピー素敵な家族 見つかりました!

Leo's B.D Sept.09, 2002

Jade's B.D Jan.18, 2004

遊びに来てくれたお友達

僕達のお部屋 Category

僕達のお気に入り Our favorites

** Links **

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。